- the 164th Blog -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tag:

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | Comment [0] | TrackBack [0]

« prev | home | next »

【ポケモンBW】 ローテ考察その1 - 強いと思う技・特性など

ローテ勢アピールその1(

ローテーションバトルルールの特徴を踏まえて,ローテで強いと思うモノいろいろ


【場の状態】
ローテーションバトルではローテーションにより,交代のターンロスなく有効ターンをフル活用できる.そのため場の状態を変化させる技が有効である.具体的には以下のもの↓
(補足:トリルと重力は全体の場,他は味方の場)

トリックルーム
追い風

追い風も今作で強化され,4ターン(有効ターン3)に.
共にトリルで対策可能.発動要員は補助系である場合が多いので,挑発で補助を封じることができれば未然に発動を防げる.
追い風戦法はトリル戦法に弱く,ターン数も少なく,使えるポケモンも少なめ.しかしトリルよりPT構成などからは読まれにくく,なにより構築がしやすい.
どちらの戦法を使うにしても通常状態(トリルや追い風が不発動)でも戦えるようにしておかなければならない.トリルPTはここで頭をひねらなければならないけど,追い風PTはそれが楽.通常PTに追い風要員を組み込むぐらいの気持ちでもいい.

リフレクター
ひかりのかべ

つまり壁貼り.壁も場の状態のひとつだから,ローテーションしても効果継続.
これは非常に厄介.たとえばリフレクターだけでも,相手の物理アタッカーを抑制できて,ローテで重要となる読み合いで優位に立てる.粘土持たせた壁貼り要員を入れて徹底しても良い.
一番の対策は壁破壊可能なかわらわりきりばらい.というかそれら以外まともな対抗策がない.あとはやっぱり挑発で防ぐか,アンコで縛るかなど.

重力
技の命中が1.6倍になり,飛行タイプ・特性浮遊のポケモンに地面技が効くようになる.
鉢巻砂の力地震での一貫性強化とか,一貫性のある高威力低命中技を連打できる.まだ実戦で見たことはないけど,使い方次第では強そう.

天候
正式には「場の状態」やないみたいやけどここで.
バンギやノオーの天候変化特性は,先発で出すか,控えから繰り出すときにしか発動しない.そのこと自体は特に問題ないが,交換がしづらいので,特性を使っての天候変化合戦は難しい.よって相手が天候対策に雨乞いや日本晴れを持っている場合は厳しい.
あまり見ないけど,雨PTとか一貫性高くて強そうに感じる.
ニョロトノやキュウコンの夢特性が解禁されれば増えるであろう戦法.



【能力変化・状態変化】
ローテーションバトルではローテーションしても能力変化や状態変化が引き継がれる.また,交代という選択にかなりのディスアドバンテージがあるため,それらの効果を打ち消すことが難しい.
そのため,それらの技でアドバンテージを得ることが有効となる.また同時に,それらの対策となる身代わり,アンコール,挑発などの有用性も高い.

積み技
自分の能力ランクを変化させる技.
特に今作からの新技・強化された技では,CDS上昇の蝶の舞,BD下降の代わりにACS2段階上昇の殻を破る,B3段階上昇のコットンガード,A上昇と命中上昇の爪とぎ,回避2段階上昇になった小さくなる,etc.
ローテでは如何にして積むか,また如何にして積ませないかが重要.

能力ダウン技
逆に相手の能力を下げる技.
いやな音や金属音など,相手の耐久を下げる技は,こちらのアタッカーの一貫性を高めることができる.
甘えるや置き土産など,相手の決定力を下げる技は,範囲や身代わりなどで防がれることを考えると壁貼りなどの方が有用なようにも思われる.しかし,特に置き土産などで,相手のポケモンのうち一体を機能停止させられるということは,その後の読み合いで優位に立てる場合が多く,軽視できない.

身代わり
ローテでとても有用な変化技.上記の能力ダウン技や,多くの状態変化技を防ぐことができ,身代わりを残せられれば大きなアドバンテージを得ることができる.
ほとんどのポケモンが使用できるので,常に相手の身代わりの可能性を考慮して動く必要がある.

アンコール
身代わりを含め,変化技を縛ることで相手を機能停止させることができる.
攻撃技を縛ったとしても,その後の読み合いはだいぶ楽になる.
相手の場にアンコールの使い手がいるかどうかで立ち回りに大きな違いが出る.特に悪戯心エルフーンの先制アンコは強力.サイドにエルフーンを置くだけで相当なプレッシャーを与えられる.

挑発
変化技を使用不可にすることができ,補助要員を機能停止させることができる.
特に厄介な壁貼り要員やアンコーラーを機能停止させられるのは大きい.ローテ要注意ポケモンのエルフーンやブルンゲルに刺さる.
比較的多くのポケモンが習得できるので,補助要員が食らわないように注意する必要がある.
対挑発に挑発を持たせているエルフーンなども多い.

他にも,混乱猛毒呪いやどりぎの種あくび道連れ滅びの歌水浸し金縛りなども有効.



【特性(ポケモン)】
上でもちょいちょい触れたけど,ローテで強力な特性とポケモン.

いたずらごころ(エルフーン,ボルトロス)
変化技を優先度+1で使えるチート特性.あくまで優先度+1になるだけなので,マニューラの氷のつぶてや,優先度+2の神速などには先制される.
エルフーンは先制アンコールを始めとして,やどみが戦法,追い風サポ,挑発,コットンガードによる物理受け,光の壁,置き土産,草笛など非常に多彩な補助技を先制で使ってくる.
ボルトロスは挑発,身代わり,威張る程度だが,準伝だけにそもそもの基本スペックが高い.Sに多くの努力値を割けないエルフーンとの先制争いに強い点も評価できる.

マジックミラー(エーフィ,ネイティオ)
上で挙げたような強力な補助技の多くを跳ね返せる.
詳しくはwikiとか見てもらえばいいけど,基本的に対象が自分一体の技は跳ね返せて,相手自身も対象に含まれるような技は跳ね返せない.具体的には状態異常技,能力ダウン技,挑発,アンコなどは返せて,痛みわけ,トリック,呪い,滅びの歌,置き土産などは返せない.
この特性のおかげで挑発もアンコも効かないので,存分に補助に徹することができる.
しかもこの特性を持つ2体は壁2つとトリルを使え,ネイティオに関しては追い風や願い事まで使える.
トゥートゥーがネタでなくなる時代が来たのかもしれない・・・

のろわれボディ(ブルンゲル)
受けた技を一定確率で金縛り状態にする面倒な特性.発動確率は3割という噂.
挑発にしてもアンコにしても,相手の技を縛るという効果はとても強力.
ブルンゲルは鬼火と自己再生+呪われボディで居座りやすく,ローテのトップメタとして名高い.相手にすると厄介.
うちのブルンは呪術が苦手で使い物になりませんが

ノーガード+爆裂パンチ(カイリキー)
天の恵み+エアスラ(トゲキッス)
特性によって技の一貫性がとても高い2体.多少相性が悪くても強行突破できる.
素早さに難があるので,スカーフを巻いたり,追い風やトリル,麻痺撒きなどから.
初期の頃はスカカイリキー1体で無双してた(



ローテで考慮しなければならない重要事項に,「交代がしづらい」ことと,「一貫性」が挙げられると思う.
今回は主に補助技に関して記述したので,「交代がしづらい」ことの重要性は示唆できたと思うけど,「一貫性」についてはあまり触れられなかったかも.
「一貫性」は主にポケモンの構成やPTの構築で重要になってくる問題.簡単に言うと,一貫性のある技・ポケモンが強く,逆に相手に一貫性を与えないような構築が大切になるということ.

スポンサーサイト

tag:ゲーム ポケモン BW ローテーションバトル 

2010/11/02 11:41 | ポケモン - ローテ | Comment [0] | TrackBack [0]

« prev | home | next »





Comment







Trackback

TrackBackURL: http://nemakikamen.blog89.fc2.com/tb.php/17-2a162094

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。